屋号を変える勇気。

弊店は約4年前「フジヤマ製麺」→「三ツ矢堂製麺」に屋号を変更した。

富士急ハイランドの「フジヤマ」と一悶着あったからだ。
(結局、良好な関係を維持しつつも和解。本日、久しぶりに富士急担当者と話、当時の事を笑ってはなしたばかりだ。。。)


店の屋号を変える、というのは非常に勇気のいることだ。
当時の悩みに悩んだ記憶が今でも鮮明に蘇ってくる。。


他にも有名店でありながら屋号を変えた店がある。
池袋にある「BASSO ドリルマン」がそれだ。(以前は「ゼットン」)
e0173248_1624364.jpg


久しぶりにお店にお邪魔したが、相変わらず丁寧な味つくりをしていて改めて勉強になった。
e0173248_16252783.jpg


恐らく、このお店も屋号変更当時は悩んだに違いない。
しかし、屋号は屋号でしかない、と思う。
最終的には、そのお店の価値は内容で決まるのだから長い目で見れば恐れることは、あまりないのかも知れない。

でも、屋号変更後も頑張っている店を見ると応援したくなるのは気のせいだろうか??
[PR]
by idc-n | 2011-08-02 16:28
<< 二郎リアン~♪ マレーシアに行ってきました >>